続けていくことは難しいのか?簡単なのか?

  • ブックマーク

2021年が明けて、すでに18日が過ぎていた。

ほとんどの人が年が明けることをきっかけに、何か新しい事を考えて昨年より良くなろう?と自らに誓いを立てていることだろう。

私もそう!年が明けるのってやっぱりワクワクして新しい自分に出会っていく気持ちになっている。

毎年毎年、新しい何かをスタートしたとして、それが続いていたとしたら、年齢分くらいは新しい何かが身についているのことになるのだろうか? イヤ、物心がつかない間は目標なんて年明けにわざわざ決めたりしないから年齢より15歳くらいは引いておいた方がいいのか?

私だったら 50歳-15歳=35

ということで、35個ぐらいの新しい何かを習得したことになる。

実際はどうだろう?

私が去年スタートして今年もまだ辞めずに粛々と行っている事は?

トイレ掃除

塩レモン 

この二つ

一つは、家族皆のためにスタートしたこと

もう一つは、自分の体のためにスタートしたこと。

他にもたくさんスタートしようと思った事がある。

50肩を機にスイミング☛肩の調子がよくなってきてやめた。

朝のヨガ☛少し前から早起きするのがつらくてやめた。

他にも、思いついてスタートしたことあると思うのだけれど続いていない。

いつもは、ダメな自分を責める私だけど、

スイミングは、とりあえず肩の調子がよくなるまでは続けたよね。

早起きができない、に関しては、昨日友人にそれを打ち明けたら、

それはね、新しい何か、自分の変わり目のために体力を温存しているのだからいいのよ、

と思わぬ言葉をかけてもらってそうなんだと思う事にした。

続いていく事、そうではない事、色々な事が2021年もあるのだろうが、大切な事は続いていくのだろうし、また何かのきっかけでスタートするかもしれないということで、、、

このブログも自分らしく続けていけたらいいなと思っています。

お問い合わせはこちら

“結んだこころ”に寄り添う葬儀を。稲沢市・一宮市・清須市のの【かとう】セルカホールです。

24時間 365日いつでもお電話ください。

この記事を書いた人

加藤 京子

愛知県 稲沢市の葬儀社で生まれ3代目としてお葬儀の仕事に従事して25年になります。私が最も心がけているのは『皆様の生きるを応援すること』です。良いお葬儀とは何か?皆さまに寄り添いお手伝いしています。